天理市で高い評判を集める、女性特有の症状にも強い整体院

心整体~空


うつ病について

うつ病は一般的には心の問題で、精神病と思われていますが、実際には体が『うつ』の状態になっているのです。

発症のきっかけは、もちろんストレスなど心の起因によりますが、心の面だけで解決しようとしても上手くいかない場合が多いのです。

それは、体自体が『うつ』の体になっているからです。

『うつ』の体とは、

・不眠を伴わない『うつ病』
・不眠を伴う『うつ病』


の2つのタイプに分かれますが

どちらにしても、脳へのエネルギーが滞っている状態で

体の状態を改善するだけで、かんたんに改善していくケースがほとんどです。


✔『うつ病』を根本的に解決したい方
✔『もうお薬の力をたよらないで、本気でうつを改善したい。』

という方は当院の整体にお任せください。

 

不眠を伴わないうつ病について

不眠を伴わないうつ病の場合は、左側の骨盤が開いて、固まっている状態です。

さらに胸椎9番という箇所の背骨の可動性が悪くなり、脳へ上がるエネルギーに滞りがあるので、思考力、やる気などの意欲が低下します。

自律神経で言えば交感神経の働きが低下している状態です。

『産後のうつ』になる方もこの体のパターンがほとんどで、骨盤が安定しないうちに動き過ぎて、骨盤が開いたまま動かなくなっているために起こります。

骨盤をしっかりと閉じて、胸椎9番の可動性をつけることで、改善していきます。


 

不眠を伴ううつについて


不眠を伴う『うつ』の場合は、上記の骨盤の異常と胸椎9番の異常に付け加えて

胸椎8番という背中の真ん中の骨に異常があります。

さらに頭部に強い緊張がみられます。

骨盤を調整し、胸椎8番、9番の可動性を取りもどして、頭の緊張を外すことで早期改善へと繋がります。

 

10年以上、うつ病に苦しんでいましたが回復しました。

うつ病で来院されたⅭ・M様 (50代/女性/滋賀県近江八幡市在住)

私が、うつ病を発症したのは10年前の45才に突然、体に表れました。
その後、精神科で治療を受けましたが不安感は残り、精神安定剤をもらい、何か分からない不安にさいなまれると『取りあえずお薬を飲む』
薬の量は徐々に増えていきました。
雑誌で”お薬は毒”という内容を読んだことがあり、できればお薬を飲まない生活をしたいという願いもありましたが一進一退。。。
そんなとき娘に誘われ当院を受診しました。
施術が終わり、娘が運転する帰りの車の中で1時間爆睡。

家に帰ってから今まで自然と体が横になっていたのが、家事であれこれと動いている私がいました。
不思議と体が軽かったです。
気がつけばもう寝る時間になっていて、あれほど定期的に飲んでいた精神安定剤が必要なくなりました。


現在、薬は箱の中で眠っています。
ほとんど横になって過ごしていた生活も元気を取り戻しています。
これからも続けていけたらと思います。
ありがとうございました。

 

心整体~空のご案内

住      所:
〒632-0034
奈良県天理市丹波市町194-6
パセオリバーサイドA201号室
アクセス:
JR/近鉄 天理駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
090-6400-4524
受付時間:
10時~20時
休業日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ